馬鹿の独り言

物忘れの酷い俺のためだけのブログ

三浦しをん/舟を編む

舟を編む (光文社文庫)

舟を編む (光文社文庫)

 

 

 

俺はラノベしか読まないと言ったな。

あれは嘘だ。

 

俺は、働きたくない。好きな四字熟語は「不労所得」。働かずに給料だけ欲しい。

しかしそれと並んで、つまらない仕事はしたくないとも思っている。やるからには熱心に仕事に取り組み、1つずつ成果を積み上げていきたい。自分の仕事に対しては、情熱的でいたい。何故なら、サラリーマンの人生は「睡眠・仕事・その他の時間」で3分割されているからだ。人生の1/3を占める仕事に対してただ漫然と死んだように取り組むということは、自分の人生の1/3を無駄に潰すことに他ならない。そんなのは流石に勿体無いと思うし、働きたくない俺の怠惰な気持ちと比べても、コスパが悪いと思う。だから、俺は働きたくないけど、仕事に熱心に真摯に取り組む人は好きだ。

結果的に俺は、小説・映画・アニメとメディアミックスを制覇した。内容が大変気に入ったというのもあるし、Amazonプライムで映画とアニメは無料で観れたから、媒体毎に比較してみようと思ったからだ。

それぞれを見比べて最初に思うのは、西岡の動かし方が全く違う。

f:id:terayuu:20171123232745j:plain

西岡が辞書編集部から異動になるまでは、どの媒体でも概ね同じだった。しかし、麗美にプロポーズする辺りから最後までずっと、西岡の動き方が大きく異なっている。

西岡が麗美との結婚を決める流れは

小説:学生バイトにラーメンを奢る道中、自分の気持ちに正直になる

アニメ:社内恋愛を隠したいために避けていた飲み屋に、バレても良いかと思って誘う

映画:馬締と麗美と3人で飲んでる時に酔って号泣してプロポーズ

と、それぞれ大きく違っている。その後も出てくる頻度が全く違っており、最も多く出てくるのはアニメだ。他にも相違点は多くある。今まで1つの作品を3つものメディアで比較するなんてしたことがなかったので、媒体によってこんなにも見え方・見せ方が違うのかと驚いた。

小説は、やはり心理描写に優れた媒体だ。何を考えているのか文章でダイレクトに伝わってくるので、キャラクターを掴むという点においては最も優れている。しかし当然映像ではないので、情景がイメージしにくいという難点がある。だからこそ、良い小説は映像化されるわけだけど。

アニメは、実写映画に比べて原作の再現度が高い。映画で西岡を演じているのは、オダギリジョーだ。西岡は軽薄すぎるチャラ男というキャラだったけど、映画ではオダギリジョーの個性に引きづられて、普通に渋くてカッコいい感じになっている。アニメでは原作通りに有能なチャラ男だったので、俺のイメージする西岡に近いのはアニメの方だった。アニメの問題といえば、時間の制約があることか。1話23分くらいで緩急をつけないといけない為か、描写が大味になりがちだと思う。原作だと後半あまり出てこない西岡がアニメでは結構な頻度で出てきたのは、真面目でテンション低めなキャラクターが多い本作の中では、唯一軽くて動かしやすいキャラだったからではないかと思う。

映画で特に良いと思ったのは、舞台のイメージが鮮明になったことだ。例えば、用例採集カード。映画ではとても古くて黄ばんだカードから最新の白くてピカピカなカードまで、様々な用例採集カードが出てきていた。そういう小道具から、辞書編集部が本当に長い間辞書作りに取り組んできたという空気がよく伝わってきた。他にも辞書編集部のある玄武書房旧館の雰囲気とかも、俺が過ごした高校のように古くて崩れそうな空気を出していて、辺境に追いやられた部署なんだと感じられる。こういった質感の表現に関しては、実写でなければ再現できないと思う。

 

総じて良い作品だった。松本先生が亡くなった時とかボロ泣きしたしな。最近仕事がキツくて正直やってらんねーなと思うけど、少しでも良い仕事ができるよう、頑張ろうと思った。

壱日千次/バブみネーター

バブみネーター (MF文庫J)

バブみネーター (MF文庫J)

 

 

男ってのは、みんな潜在的にマザコンだから…

某社営業部、係長の言葉

 

「バブみを感じてオギャりたい」

俺は今日(2017/9/26)、この言葉に初めて遭遇した。

こんな画期的な言葉があったのかと打ち震えると共に、最早己は現役のオタクではないのかと心で涙を流した。

上記のラノベの解説によると

バブみ:年下の女性に母性を感じること

オギャる:年下の女性に甘えること

を意味するらしい。年上の女性に母性を感じ甘える事について、本件の「バブみ」のような言葉は思い浮かばない。言うまでもなく当然ということなのか。年下という世間的には庇護すべき対象に自身を包み込む母性を感じ、オギャることは、確かに独自の単語を創出して表現しない限り伝わりにくいアンビバレントな性癖かもしれない。

この「バブみ」という単語、togetterの記録を見る限りでは、2016年には既にポピュラーな単語として認知されていたようだ。

togetter.com

この単語ができたのは恐らくかなり最近だが、この「バブみ」の歴史は長い。

まず真っ先に思い当たるのが「源氏物語」の紫の上である。

源氏物語 05 若紫

源氏物語 05 若紫

 

光源氏マラリアに罹って療養中、年上の初恋の女性(藤壺)によく似た10歳のロリ幼女(紫の上)におちんちんがビクビクしてしまう。その後、その幼女の後見人が亡くなって独り身になってしまったので、遂には光源氏が引き取って理想の女性に仕立て上げようと決心する。そもそも年上の初恋の女性というのが自分が幼い頃に亡くなった母親に似ているというので、話の流れとしては

母親

⬇︎

母親に似ている藤壺

⬇︎

母親に似ている藤壺に似ている紫の上

という世代を超えたマザコンなわけだけど、紫の上にバブみを感じているという点は間違い無い。「バブみを感じてオギャる」には性欲を含んでいいのかという点については、大いに議論の余地があるだろう。

次に思い当たるのが、赤い彗星のアレである。

f:id:terayuu:20170926083341j:plain

こいつの変態性を最も端的に表す有名なセリフがある。

ララァ・スンは、私の母になってくれるかもしれなかった女性だ

オタク諸氏にとっては、このシャア・アズナブルこそがバブみの原点といえるだろう。このラノベにおいても「九条ララァ」という名前のヒロインが出てくるが、お察しの通りである。

このように「バブみ」という概念自体は、既に遥か昔から存在していた。有史以来「年下の/女性に/母性を感じること」というセンテンスで表現されていたものが、21世紀の今、正にこの時「バブみ」という単語に結実したのである。なんという歴史の畝りなのか。人類にまた新たな叡智が刻まれたのだ。刻が見えるよ。

ラノベの中身についての感想は、特に書くようなことはない。普通に面白かったし、俺の理想の生活そのものだった。残業に入りかけていた仕事を我慢できずに無理やり切り上げ、本屋に寄り道。買って帰ってきて夕飯食べてからぶっ通しで読み続けて、最後まで読み切った。風呂で一息ついて色々考え、現在これを書いている。実に羨ましい内容だった。でも俺がこのラノベのような環境に置かれたら18禁は間違いないと思うので、やっぱどんな方向でも人間辞めた奴ってのは凄いんだなと思った。これが修羅なのかと。

ちなみに、俺はかなり甘えるタイプである。勉強しなきゃなとか本読まなきゃなとか筋トレしなきゃなとか思っていても、ベッドでゴロゴロしながら甘えているだけで3時間くらいは平気で過ぎる。俺にもオギャりの才能があるということか。しかしそうであるなら、まずはオギャる対象が欲しい。ロリ巨乳お姉ちゃんとか。いや、それではダメだ。オギャらせてもらうためには、まずは自分からオギャらなければ。己が変われば世界が変わる。それが天の道。

↓天の道をバブみ、総てをオギャる(シスコン)

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーカブト ライダーフォーム

【映画感想】なのはReflectionから振り返るコミュニケーションの大切さ

2012年夏

俺は、映画館で号泣するという初めての経験に戸惑っていた。隣の席がズルズル五月蝿いと思ったら、目が合ったオッサンも号泣してた。

あれから5年。

ついに、待ち望んでいたこの時が来た。

f:id:terayuu:20170724001026j:plain

魔法少女リリカルなのは Reflection 公式サイト

早速見てきた。すげー良かった。

 

リリカルなのはシリーズは、俺に「コミュニケーションの大切さ」を教えてくれる。

世の中で発生する問題には、大きく分けて2種類ある。

①技術的に解決できない問題

何か解決すべき課題があったとして、属する社会にそれを実現できる手段が無い場合である。フェイトのお母さんことプレシア・テスタロッサがぶち当たったのがこの類の問題だ。「死者の蘇生」。

f:id:terayuu:20170724001214p:plain

これについてプレシアが取った手段は、「アルハザード」という高度な技術を持つとされる古代文明を探し当てれば、そこに答えがあるという全く根拠の無い夢想だった。とはいえプレシアも元は善人なので、実行したプロジェクトは、人口生命体「フェイト・テスタロッサ」を造り、ロストロギアを集めさせるという非常に小規模なものだった。無闇に周囲に大損害を与えるようなことはしていない。PDCAも、基本的にはフェイトちゃんイジメるだけだったしな。一応は科学者なのに、このプロジェクト管理の杜撰さは如何なものなのか。

現時点で技術的に不可能な問題についての対応は「新技術の開発に突き進む」「諦めて抜本的にアプローチを変える」の2つに分かれる。プレシアは科学者故に前者を選ぶも、一向に埒が開かずに擦り切れてしまった。その結果として、フェイトちゃんは後者の道を選び、なのは達と共に新しい世界へと足を踏み出したのが「なのは1st」の結末だった。

②技術的に解決できる問題

社会に解決する為の技術は存在していても、問題の当事者にはその技術が無い場合がある。はやてちゃんの従者ことヴォルケンリッターがぶち当たったのがこの類の問題である。

f:id:terayuu:20110222013036j:plain

彼女らの目的は「八神はやてを闇の書の呪いから救う」だったものの、それを実現する手段として、過去に得られた少ない情報から「強い奴らを片っ端からブン殴って闇の書を完成させる」という間違った選択をした。彼女らが犯した失態は、取り返しがつかない程に大きい。

1、善意のなのは達と話をせずに安易に敵対したこと

2、なのは達であれば技術的に解決可能な課題であったこと

3、なのは達の方が課題に対する情報量が多かったにも関わらず自分達の情報のみで判断したこと

4、プロジェクトへの疑問を潜在的に抱えながらも他に手段が無いと思い込んだこと

なのは達がヴォルケンリッター以上の戦力を持ち彼女らを凌ぎ切ったことと、彼女らの敵意をいなす程の大きな善意を持っていたからこそ「ナハトヴァールを消滅させる」という真の課題に到達し、解決することができた。ヴォルケンリッターのみであれば、八神はやては間違い無く死んでいたし、ナハトヴァールが解き放たれて大惨事を引き起こしていたのは間違いない。仮に初期の段階で「自分達には無理です力を貸して下さい」と土下座でもしていたら、あんな派手にドンパチする必要も無かったし俺が映画館で号泣することもなかった。

 

プレシアのような技術の壁は仕方ないとして、ヴォルケンリッターのような問題は世の中にありふれている。問題についてよくよく聞いてみると「コミュニケーション不足」が一番の原因であることが本当に多い。会社で働いていると特にそうだ。これは世間でいうコミュ力とかそういう安易な話ではなくて、もっと根本的な人生に対する向き合い方とか、そういうレベルの話にまで及ぶ大きな論点だと思う。

さて、今回の「なのは3rd」ではどうだったか。

異世界からやってきたキリエちゃんは、まぁ短絡的でアホの子である。

f:id:terayuu:20170724003342p:plain

上記のヴォルケンリッターと同じで、自分だけでは解決できないという認識があるにも関わらず、全部自力でやろうとした。ましてや最初からなのは達に助力を求めるのが必要だと分かっていて、はやてちゃんに「話はとりあえず事務局で聞くから落ち着いて!」と言われても聞く耳を持たず、無用な喧嘩をふっかけては周囲に大損害を齎した。トラックやショベルカーを盗まれた会社の経理の心痛が偲ばれる。俺なら発狂してブチギレてPCを強制シャットダウンする。そんなアホの子は一発殴って言い聞かせるのが有効なので、なのは様も良い仕事をしていた。極太ワイヤーで縛り上げて晒された素肌の肩からアスファルトに叩きつけて引回す。相変わらずエグかった。でも下着が緑で可愛かったので許す。

お姉ちゃんのアミタは、戦い方が本当に豪快で愛に溢れた素晴らしい女性だった。ハードコアだった。

f:id:terayuu:20170724003556j:plain

特筆すべきなのは、彼女が最初から、なのは達に友好的な態度を出してきたことである。力だけ有り余っても社会的に追い詰められた人間が、とりあえず暴力を振り回して八つ当たりをすることはよくある。営業成績が芳しく無い営業部長が部下に当たり散らすのは、サラリーマンなら一度くらいは遭遇したことがあるだろう。その点アミタさんは、ヴォルケンリッターやキリエちゃんとは違い切迫した感じが無かったので、そういう大人の外交をする余裕があったのだと思う。彼女が取ったのは最適解であり、作中でもキリエちゃんに「お姉ちゃんはいつも良い子なんだから」と指摘される通り優等生的な態度と言える。まぁ暴れる妹に協力的な態度を示さず「皆さんにご迷惑だから大人しく帰ろう」の一点張りだったのは正直どうかとは思った。お父さんが死にかけて故郷も滅びそうで、それをどうにかしようと頑張っている妹に対してそれは無いだろうと。

それはそれとして、今作には、今までの劇場版なのはシリーズでは無かった種類の存在が出てくる。

「悪人」である。

1stのプレシアは根本的には善人だったし、2ndのヴォルケンリッターは言うまでもなく善人だし、ナハトヴァールは人格の無いプログラムなので「悪」とはいえない。

それに対し、今作のキーキャラである「イリス」はもうマジでヤバい。

f:id:terayuu:20170724003922p:plain

どんな事情があったのかは来年公開の後編で語られるだろうし、プレシアと同じで根っからの悪人ではないのかも知れない。とはいえ彼女が今作で行ったのは「幼少期からキリエを長年騙し続けたこと」「キリエに偽りの希望を与えて裏切ったこと」の時点でかなり重罪だが、何と言っても「ユーリに復讐する為に彼女以外の人類を皆滅ぼす」という全く脈絡の無い意味不明な復讐方法だ。なんなんだコイツはバカなんじゃないのか。やたら胸元開いたエロいジャケット着やがって。ドキドキするぞ。

ヴォルケンリッターやキリエちゃんは、コミュニケーションをしっかり取ればわかりあえる相手である。しかし、こういう人を騙すような輩は、コミュニケーションを取っても無駄である。この手合いはとりあえず力で捻じ伏せて、無理やり交渉の場に引き摺りだすしかない。そこら辺はなのは様が得意なので、後編で頑張ってもらおう。

 

今作は、今までの劇場版なのはに比べて戦闘シーンが豪快で過激だったので、全編通してワクワクドキドキしっぱなしだった。フェイトちゃんとリンディ提督がキチンと家族になったシーンも、本当に感極まって素晴らしかった。俺もフェイトちゃんの言葉を胸に刻んで、これから生きていこうと思う。

とりあえずブルーレイを楽しみにしつつ、後編を待つ。