読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬鹿の独り言

物忘れの酷い俺のためだけのブログ

ラノベディケイド

小説

年末年始は、ラノベばっかり読んでいた。

もうなんか真面目くさって色々ぐちゃぐちゃ考えるのがめんどかったんだ。まぁそういう時もある。

俺がラノベを読み始めたのは、高校2年くらいの頃だったと思う。もう10年以上前の話だ。今にして思えば、ちょうどその頃は「ラノベ」という分野がいよいよ本格的に1つのジャンルとして確立され、成長を始めたくらいの時期だったように思う。「キノの旅」とかがスタートしたくらいの時期である。ちなみに俺が初めて読んだラノベは「しにがみのバラッド」というやつだ。

しにがみのバラッド。 (電撃文庫)

しにがみのバラッド。 (電撃文庫)

 

当時世の中舐め腐ったナメクジのようだった俺は、これの猫の話を読んでボロ泣きして初めてラノベ界へと足を踏み入れた。以後10年以上たっても、小説はほとんどラノベしか読まない。

良い機会なので、俺が今まで読んだ中で特に思い出深いものをいくつか振り返ってみようと思う。

 

文学少女シリーズ

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)

 

名作である。思い返せばぐっちゃちゃでドロドロな面倒臭い人間の流血系くんずほぐれずな話だったと思うけど、当時の俺はこの作品をえらく気に入っており、新刊をとても楽しみにしていた。サブタイトルが微妙に中二病臭いのもまた良かった。俺が読書を習慣とするきっかけになったのは、このシリーズのおかげだ。実家の本棚には未だに全巻しっかりと鎮座しており、俺の原点である。どこが良かったのかと考えてみれば、やはり登場人物の心理描写が非常に繊細だったことだと思う。当時の俺はそう思っていた。今読み返したら、どう感じるかはわからない。

 

②此よりは荒野

Gunning for Nosferatus1 此よりは荒野 (ガガガ文庫)
 

5回くらい読んだ。ガガガ文庫黎明期、本屋で本棚を睨みつける以外にすることのなかった俺は、宇宙の意思に導かれてこの本を手に取った。本好きであれば、こういう経験は一度はあるだろう。初めて読んで以来、俺は何回も読み返した。展開はベタだし設定はありきたりで、要素だけ見ればそこまで惹かれるようなことは無いと思われる。しかし、文章が圧倒的にカッコいい。無駄にカッコいい文章といえばやはり「奈須きのこ」が真っ先に出てくるだろう。奈須きのこの文章は確かにギットギトの中二病でとても大好きだけど、あれほど華美ではなく、ストイックなカッコよさをこの作品は醸し出している。銃や戦車のカッコよさに似てるだろう。でも、嘘つきだ。サブタイトルに「gunning for nosferatus 1」と書いてあるのに、続刊が一向に出ない。いつまで俺に夢を見せるつもりだ。いい加減にしろ。

 

③バカテス

バカとテストと召喚獣

大好きだ。1巻をなんとなく買って帰りのバスで読んでたら、笑いが止まらず腹を抱えて痙攣していたので同乗者のお婆ちゃんに心配されたのが非常に恥ずかしかった。どこが面白かったかと聞かれると、お笑い芸人にギャグの解説を求めるようなものなので上手くは言えない。このラノベは後にまさかのアニメ化を果たし、俺としてはとても心配だったけど、アニメはアニメでよく出来ており、アニメも大好きだ。ひたすら明るく、読んだ後は元気になれる作品である。明久シネ。

 

空ろの箱と零のマリア

2009年から2015年まで、完結まで6年もかかったクソみたいな長期休暇シリーズだ。もう完結しているからこれから読む人には関係無いけど、リアルタイムで発売を悶えるほど楽しみにしていた俺はとってもやきもきさせれられたものだ。1巻の面白さに圧倒されて、2巻以後も買ったその日に読破してしまうほどにのめり込んでいた。この作品の面白さはどこかといえば、ミステリー的な要素を合わせて津波のように押し寄せる苛烈な展開の数々だろう。下手にシリアスぶって単なるオナニーじゃねーかというようなシリアスさと違って、この作品の人物達は全員、純粋に前向きな気持ちで自分の両脚を切り落とすような決断を下す。もっとマシな選択はできなかったのかと思うけど、それでも彼らが前向きに希望に向かっているように見える辺り、真っ向からバカにすることもできない。そういう心理がこの作品の苛烈さを一層引き立てていて、シリアス系ラノベであればこの作品に勝てるやつを俺はまだ知らない。そんなだから、最後はちゃんとハッピーエンドなので安心していい。にしても、完結まで6年も経ってるからか、挿絵の絵柄が変わりすぎだろう。確実に萌えベクトルに偏ってしまっている。初期の方が好きだ。

 

終わりのクロニクル

終わりのクロニクル 1(上) 電撃文庫 AHEADシリーズ

終わりのクロニクル 1(上) 電撃文庫 AHEADシリーズ

 

この作品に出会ったのは大学生の頃。大学前のTSUTAYAでなんとなく1巻を買ってみたのが全ての終わりだった。以後、ひたすらこの作品を読み続けた俺は、気付いたら簿記の単位を落としていた。4単位だった。痛かった。

俺は、熱血系が大好きである。 とにかく熱いのは良い。でも熱血大好きな俺にもツボというものがあって、近年では熱血アニメの代表作とされる「グレンラガン」とかは、あまり好きではない。俺が好きな熱血系というのはどんなものなのかという点については熟慮する必要があるものの、少なくともこの「終わりのクロニクル」は、俺のツボどころかもう脊髄まで押さえられるほどに大好きだ。一番好きなラノベは何かと聞かれれば「それはもちろん終わりのクロニクルだ」と即答する。特に俺が好きなのは2巻だ。何度読んでも、奈津さんの最後の言葉が身に染みる。作者のキモさについてはここでは語るまい。この作品の良いところは、大人がひたすらカッコいいところである。ラノベとは「ティーン向け」という前提がある以上、10代の若者が中心人物となりがちであり、何故か両親が不在だったり寮に住んでたりとかが不自然なまでに多い。だからこそ、大人がカッコいいラノベは絶対に良い作品だと、俺は今までの経験上断言する。今までの人生で俺に最も大きな影響を与えたラノベはこの作品だし、これから先も、これ以上のものは出ないんじゃないかと思っている。劇場版とかで全章アニメ化してくれないかなー。絶対にブルーレイ全巻揃える。

 

いい歳こいてラノベとか恥ずかしくないのかという意見についてはともかくとして、俺はこれからもラノベばっかり読むだろう。何故俺が小説ならラノベばかりなのかというと、現実の小説を読んだって普段の自分の生活と変わらないからだ。シリアスな小説はもう現実で十分シリアスなのでこれ以上は欲しくないし、恋愛小説とかも別にそこまで興味は無い。かろうじて興味があるのは、ミステリーだ。ミステリー小説は、高校から大学にかけてくらいの頃にひたすら読み漁っていた。SFとかファンタジー小説も好きだし、ラノベに比べれば量は少ないけどちょっとは読む。つまり俺がここで興味が無いといっているのは、いわゆる「文芸」とか呼ばれる分野の作品のことと言えるのかもしれない。何か面白い文芸小説とかあるんだろうか。あるなら教えてほしいもんだ。

10年も経てば、当時と比べれば俺も随分変わったものだという自覚がある。昔の自分では考えもしなかった事を今は毎日のように考えるし、知識面でいえばもう別人の様だろう。とはいえ、昔の自分を捨てたわけではない。今も変わらずアニメや漫画やゲームは大好きだ。2ndGから10年くらいやり続けているモンハンも、ダブルクロスは当然のように予約済みだ。つまり、俺は童心を忘れず捨て去ることなく、その上に順調に積み上げて成長してきていると思っていいのかもしれない。

そんな童心を忘れない俺も一応は大人になってしまったので、一丁前に大人な悩みを抱えている。最近残業キツいんだよな。年明けてから残業エブリデイだしな。自分の目的を達成するには、現状、金が全く足りないとかさ。あとやっぱりアレだよ。働きたくない。働かずに給料だけ欲しい。どうすればいいのかな。ダメか。

 

↓通信してくれる人募集中