読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬鹿の独り言

物忘れの酷い俺のためだけのブログ

バンナムの平成28年度財務諸表を検討してみた

経営

www.bandainamco.co.jp

バンダイナムコ

日本有数のエンターテイメント企業であり、俺のような古参ゲーマーにとってはとても馴染みのある会社だ。ガンダム仮面ライダー、ワンピースなど、日本を代表する大型コンテンツの版権を持っていることで莫大な既得権益を貪るヤクザ組織でもある。

バンナムが日本のゲーム業界に与えた影響は大きい。スクエニ任天堂などと並び、日本のゲーム黎明期からその成長を牽引してきた。しかし近年では「バンナム商法」と呼ばれる悪質な課金商法をゴリ押ししてくることにより、古参ゲーマーからは蛇蝎の如く嫌われているクソ会社だ。かく言う俺も、バンナム嫌いな人間の1人だ。俺が大好きだった「テイルズ」や「ガンダムVSシリーズ」をクソ課金ゲームに堕落させたことについては、切腹されても許す気は無い。最近で言えば、個人的に大きな期待を寄せていたジョジョの格ゲーも酷い有様だった。

そんな俺が大嫌いなバンナムであるが、何故かしぶとく生き残っている。俺のような嫌悪感を抱えているゲーマーは少なくない筈なのに、どうして未だに生き残っているのか非常に疑問だ。企業とは、良くも悪くも金が無ければ存在できない。バンナムが潰れない理由は、端的に言えば金があるからだ。だったらバンナムの金はどんな状況なのか、この際俺なりに分析してやろうじゃないか。ちょうどこの前、財務諸表の読み方に関する本を読んだばかりだしな。

 

terayuu-hitorigoto.hatenablog.jp

【分析の方法】

今回の分析では、バンダイナムコホールディングスのホームページにて公開されている平成28年3月期決算短信をベースに使う。本当にまともな分析をしようと思ったら、バンナムのみでなく主要な競合企業も併せて比較すべきである。でもそんなこと正直ダルくてやってられないので、今回はバンナムの直近の決算のみを対象する。場合によっては、同社のアニュアルレポートや過去の決算短信も参考にする。

 

【分析結果】

結論から言って、現状では潰れる心配が全く無い優良企業と言わざるを得なかった。

まず注目すべきなのは、資産と負債の状況である。特に流動資産と流動負債の状況だ。流動資産の方が少ない場合、いつ潰れてもおかしくない。

バンナム

流動資産:322,176百万円

流動負債:114,333百万円

流動資産/流動負債=281.78%

負債の部合計:131,031百万円

流動資産/負債の部合計=245,87%

この数値からわかるのは、バンナムはその気になれば借金を全額一括で返しても何も問題無いということだ。現実的にはそんなことはしないものの、仮に借金ゼロにしてしまっても大丈夫という安心感は非常に大きい。こういう状態の企業であれば銀行も金を貸したいだろうと思うので、有事の際にも対応できそうである。

次に目を向けるのは、有形固定資産だ。

有形固定資産合計:53,702百万円

ナムコと言えば、パックマンの時代からゲーセンなどのアミューズメント施設経営というイメージがあった。池袋にはナンジャタウンもある。従って、有形固定資産はけっこう大きく保有しているのではないかと思っていたけど、どうも違うらしい。これは、フランチャイズにより別会社にゲーセン運営を委託していることで、施設を自社名義で保有していないことによると思われる。セブンイレブンなどのコンビニもこういった財務諸表になることが多い。フランチャイズの場合、下請けが出した利益のうち何割かをバンナムが吸い上げることで損益計算書に直接載るため、貸借対照表の数字はコンパクトになる。

アミューズメント施設・機器:12,685百万円

とあるので、数少ない直営店は維持しているようだ。

ここで1つ気になることが出てきた。前回の平成27年度決算短信をチェックすると、アミューズメント施設事業についての言及がある。

平成27年3月時点では

直営店:237店

レベニューシェア:1,046店

その他:10店

だったらしい。しかし、今期の決算短信ではこの店舗情報が消えている。どうやら今期はセグメントを変更したようで、この影響でアミューズメント施設事業が独立して評価されなくなったようだ。セグメント変更は、事業評価を最適化するという名目で、業績の悪い事業を隠すためにされることが多い。パナソニックなんかはお家芸としている。どうもアミューズメント施設事業は「ネットワークエンターテインメント事業」というセグメントに再編されたようで、これはバンナムが出すゲーム全般の業績を集合させたセグメントらしい。ここに少しだけアミューズメント施設事業についての言及がある。経営資源を投入した結果収益は上がったものの、新機種の販売に苦戦して利益は大きく落ち込んでしまっている。この数値は、一度リリースすればボロ儲けになるスマホゲーなどの売上も合計されているため、恐らくゲーセン事業単体で見ればもっと酷い落ち込みなんじゃなかろうか。

ROE自己資本当期純利益率)は、自己資本をどれだけ効率良く使ったかの指標となるため、よく経営成績の指標として設定されることが多い。

今期のバンナム

今期ROE:11.2%

前期ROE:13.2%

と、少し悪化している。悪化の原因は、損益計算書を見ればわかる。今期主要指標の前期との比較は、以下の通りである。

売上高:1.8%増

営業利益:11.9%減

経常利益:14.5%減

当期純利益:8.0%減

売上高は微増したものの、利益が落ち込んでいる。つまり、売上は辛うじてプラスに持って行けたものの、投入した資源を活かしきることができず、結果としてマイナスになってしまったということだ。決算短信を読む限りでは、家庭用ゲーム・スマホゲー・映画・ライブイベントなどのコンテンツを活かしたデジタル製品が好調だったのに対し、おもちゃやゲーセンなど、物質製品が不調だったようだ。まぁ気持ちはわかる。5,000円の課金は平気でやっても、ゲーセンで5,000円使おうとは俺は思わない。損益計算書項目は、決算時点だけの情報を見てもあまり得るものはない。一年間をどう過ごしてどんな投資をしたのかを詳細に知らなければ、総合的な検討ができないからだ。というのも、もしかしたら偶々今年の3月時点では結果が出ていないだけで正しい投資は行っており、4月以後に結果が出始めているかも知れないからだ。この辺りの事情は、未だ公開されていない平成28年度3月期アニュアルレポートのリリースを待つべきである。実際どうなのか気になる人は、4半期速報を見てみればわかるだろう。今回の分析では見ていない。そこまで言及するとキリがなくてめんどくさいからな。

 

【総括】

かなり大雑把ではあるが、主要部分の検討はこんなところだろう。現状、バンナムは余程のことがない限りは大丈夫そうだ。どこかのタイミングで株価が暴落したら、買っておいても良いかもしれない。

それにしても、なんて忌々しいんだ。俺の毛嫌いするバンナムがまさかこんな優良企業だったとは。有為転変のゲーム業界の中でも、バンナムはやはり歴史ある企業であるだけの実力を持っているということか。というか今回改めて思ったのは、バンナムは俺がイメージしていた程にゲーム会社ではなく、思った以上に総合的なエンターテインメント会社だったということだ。俺はゲームばっかやっているのでそう思い込んでただけなんだろうか。言われてみれば、なにかとバンナムのロゴを目にする機会は多い。クソッタレめ。

ゲーム業界で言えば、他に有名どころなのは任天堂スクエニセガといったところだけど、これらもそのうち気が向いたら分析してみよう。特に任天堂は、ポケモンGOがどの程度の影響を及ぼすのか興味がある。今後の観察対象としては良い勉強になるだろう。