読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬鹿の独り言

物忘れの酷い俺のためだけのブログ

アーサー・C・クラーク/幼年期の終わり

 

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))

 

 

 

言わずと知れたSF界に燦然と輝く最高傑作の1つ。

最近俺がドハマりしているPS4のゲーム「Bloodborne」のモチーフに使われていたので、読んでみた。

やっぱ最高傑作と言われるだけあってスゲーわ。

物語の最初から最後まで、一切無駄がない。

俺は昔っから「地球外生命体」ってのが大好きで堪らんのだ。

この作品は、俺のロマンが全て詰まっておりましたわ。

 

この作品の人類は

オーバーマインドによって進化「させられた」わけだけども

読んでるとけっこう

「まぁ人類ってこんなもんだよね」

って気分になってくる。

楽ばっかしすぎてて気付いたら手遅れとかさ。

オーバーマインドによる故意の進化が正しいかどうかなどは置いといて

我欲に塗れた俺からすると

皆で1つに纏まるとか気持ち悪いなと思わなくもない。

アスカちゃん的なアレ。